TOP>住職あれこれそれ>落語好きな住職の話

落語大好き! その1

落語のルーツはお坊さんの説経

今も昔もお坊さんは檀信徒の前で、或いは一般大衆に説経をしてまいりました。説経ですから、ちゃんと聞いていただいて、理解をして欲しいですし、興味を持って欲しい。そのためにはまず感心を持って貰うこと、聞きやすく話すことが条件になってまいります。最初は淡々と話をしていましたが、その中から色々な工夫をしてまいります。関心を持って興味深く聞いて貰うための工夫です。ある人は笑いの多いお話に、ある人は語りに節を付けて、ある人は物語風に、今で言うギャグをふんだんに入れて芸事のように、そしてそれぞれが独立してきて落語・講談・講釈・あほだら経等々に成長してきました。

この中の落語は今から300年ほど前に成立したと言われています。

ですから、落語家とお坊さんとは、話をしてみると共通点がとても多いのです。如何にしたら聞いてもらえるか、会場はどういうところがいいか、座布団に座ってするという落語のスタイルも、お坊さんから来ています。着物・扇子も同じ、話し方、まくらの振り方等々は通じるモノがあります。

私も最初は単に聞いているだけでしたが、噺家さんと仲良くなって話をしているうちに、多くの共通点に感銘し、又噺家さんの方でも大変興味を示してくださったので、今ではどっぷりと落語の湯の中につかっております。

さて、色々と勉強になったのですが、なかでも話の間、話し方、話題、表現等の工夫は勿論、話を聞いていただく会場の雰囲気も大事だということです。私たちお坊さんは本堂ならいつでも雰囲気は整っていると思っていますが、ちゃんと聞いて貰うためには少し工夫がいるようです。まず聞くことに集中して貰うために、気が散らないようにすること、視界に入るモノを整えます、声がしっかり聞こえていること、時にはマイク等も利用します、足が楽であること、イス席も考えます、理解してもらいやすいようにすること、書いたモノを配ることも必要です、これらは難しいことではなく、聞くモノの立場に立てば解ることです。そして何よりも時間が長すぎないこと、適当な時間、新鮮な話題と時を得た内容。勿論伝統的な話を欠かすことはできませんが、何百年も同じでは時代に合いません。住職のモノの言い方で伝えることです。変に作るよりも、住職の個性で伝えることが肝心ですね。噺家も色々なタイプがあります。同じ噺をしても表現や工夫に差違ががございます。人にあった話が聴衆には一番心地よいのではないかと思います。

ここで宣伝ですが、是非落語会に足を運んでみてください。楽しみながら得ることがイッパイございます。


落語大好き 2


まったく個人的な話しで失礼いたします。

今年の4月19日早朝。布団のなかで落語を聞きました。勿論、枝雀師匠の落語です。
「不動坊」「道具屋」。

この日は枝雀師匠の3年目のご命日。1999年4月19日午前3時01分 享年59歳。

私の生き甲斐だった噺家さんとの別れの日でした。初めて落語を聞きに行ったのは高校生の時。
米朝さんの会だったと思います。大学時代は落語は少し興味があるくらい。
でも枝雀さんが前名の小米さん時代は何だか気になっていました。

23歳から梅田の太融寺さんのお手伝いに行くようになり、落語会場によく使われることで落語家さんとの出会いも増えてきます。それと枝雀さんの落語会へも頻繁に足を運ぶようになり、落語大好き、枝雀大好きどっぷり生活が始まります。

とにかく通いました。枝雀さんの六日間連続独演会枝雀十八番もすべて見ました。単発も英語落語も、お芝居も、枝雀さんの出るところ追っかけしてましたね。テレビで夜遅くあった枝雀寄席はビデオに残っています。何度繰り返してみたことか。どの噺が好きと言うより、すべてが好き。
枝雀さんが好きでしたね。

代書屋の留さん、
宿替えの親父、
崇徳院のクマはん、
不動坊のユーさん、
高津の富の一文無しの オッサン、
船弁慶の雷のお松さん、
青菜の植木屋、
ある晴れた日の出来事の天神山 等々。

どの登場人物も枝雀さんが演じると、不思議な魅力を持って迫ってきます。必ず寝る前にはテープで落語を聞く、
枝雀ワールドに浸って眠りにつく。ずっとそんな 生活でした。そういえば高野山の研修会も落語テープ持参でした。

生き甲斐という大変重たい言葉ですが、
私にとってはまさに生き甲斐に値する噺家さん。
人生を豊にしてくれた、力をイッパイくださった恩人です。

落語大好きのコーナーをすすめていくのに当たって、
この話は欠くことができません でしたので、
敢えて亡き枝雀さんに登場願いました。
ご冥福を祈ります。


落語大好き その3 

落語会へのご招待

鳥が何か落としていったで フゥーン

隣の空き地に囲いが出来たでぇ ヘェー

お母ちゃんパンツ破れた またか

台所修理しようと思うねん 勝手にせい

あなた お坊さんですか そうです

右向いて、左向いて、5秒で終わる小咄から始まったであろう落語は、長いものなら1時間を超えます。ひと昔前の大阪が舞台。長屋であったり、商家であったり、色町であったり、又、登場するのも、子供からお年寄り、犬から猫からヘビから牛・馬・らくだ・蟻・ムカデ・雷様に幽霊・お化け、泥棒・奉行・閻魔様・浄瑠璃・義太夫・・・・・

今は全国に知ってもらえるようになったのですが、まだまだ生で落語を聞いたことのない人は数多く存在します。テレビラジオでも聞くことは出来ますが、やっぱり生の舞台に勝るものはございません。近頃はホール落語が全盛。大きなホールで800人とか1200人とかを相手に演じられます。それもいいのですが、今回お勧めするのが地域寄席なるもの。或いは噺家自身が自ら開催しています落語会。これに注目しましょう。

何と言っても噺家の甲子園と呼ばれているのは、大阪梅田太融寺。故枝雀師匠が小米時代に勉強会を開いたのがきっかけで、今でも毎月数回は落語会が開かれています。百畳の広間に多いときは百人を超えるお客様、少ないと20〜30人のこともありますが、雰囲気は抜群。着物の擦れる音から息使い、時には唾も飛んでこようかという近さ、暖かさ。入門して落語家になって、太融寺で勉強会を開くことが若手の夢。そこで噺家の甲子園という名前がつきました。